時よ 止まれ


2016年紅白全部見ました
感想です




ゴジラ襲来、タモリマツコのぶらり、君の名は、恋ダンス、PPAP、PERFECT HUMAN、熊本城中継、都庁前オリンピック

歌以外(含むものもあるけど)のトピックが多かった
詰め込み過ぎて、情報過多であった
なんかまとまりがなく、忙しかった
(そして裏でSMAP解散)
ということは、今年は例年よりトピックが多かったということである
それはエンタテイメントとしては楽しい1年であったことを示している


(紅白がいい番組だったかは別として)
これだけのトピックが発生した2016年はきちんと覚えておきたいと思った、そして去年一昨年とも比較して考えたい、絶対する!!!!



ああ、
宇多田ヒカルイエモン、ハイスタの復活年なのも忘れちゃいけないね
やり尽くしたとされるベテラン勢が帰ってこれるこのシーンをいいと取る(彼らに音楽をさせる刺激がある)か悪いと取る(若手が世に出てない)、、、などなど





就活が始まってしまう、キチンと考えないとなあ