ペダルを精一杯踏み込んで


日記をつけよう
お揃いの記憶を集めよう



昨日の夜から3時まで
「天使と悪魔」「サマータイムマシーンブルース」を見た
「天使も悪魔」は宗教絡みでちょっと難しいけど、謎解きのところは好きだなあ オチはいつも読めてしまうね
「サマー〜」あんな学校生活送りたいね



3限に遅れて行って、ゼミのレジュメを1段落分だけ作った、要約って難しい

今日のゼミにはフランス人留学生ハノアが来た
めちゃくちゃイケメンで背が高くて日本語ペラペラ最高でした〜彼氏にしたいね、自分の劣等感がやばそうだけど

ゼミのテーマは格ゲーオタク
そこからオタクに3次元コミュニティは必要か?という議論に
「やっぱり人は人を求める」っていうひじきさんの意見に大賛成だな
オタク活動を自分だけで行うのはわたしもそうだし、誰にも理解されなくてもいいと思うけど、
でも、やっぱり
同じ思いの人を見つけることは、自己肯定された気分になるし、安心するね

そんなところからわたしが考えたこと
SNSの登場が状況を大きく変えたのは間違いない
以前のオタクは、他に理解されにくいような対象を好んだり、周りに同じ趣味の人がいなかったりした
そして、同じような仲間をネット上で探したり見つけたりしていた(この点からも二次三次はおいといて、人は人を求めるね)
そこで実際会って話しましょう、あれやこれを見せ会いましょう、ってオフ会=3次元に出てくるって流れだと思うけど

オタクが市民権を得たことで、「オタク=キモい」ではなくなり、自分はオタクじゃないとしていた(無意識にでも)人たちもオタク的活動がしやすくなる
→オフ会への流れも強まる→オンとオフの二つの側面からの認知や有名性が強まる→オフへの重要性も生まれる

となっている一方で

元々3次元のカースト上位の人々=リア充が手軽になったインターネットやSNSに降りてきて、3次元のコミュニティやコミュニケーションをそのまま持ち込むように(実名アカウント、3次元コミュニティのみのFF)

リア充ツイートやバカッター、身内ネタなどSNSが3次元と類似していく
→市民権を得たとはいえ、SNS上でのオタク特有の空間は狭まっていった、、?
(自分のSNS空間はFFの選別や別垢裏垢でいかようにも作り出せるが、限界があるのか、、?)

やはり人は人を求める、SNS空間は3次元とほぼ同化してしまった、さて、2次元と3次元どちらを好む?
→直接会って話すメリットを取る人が多いのでは?

オタクの非リア意識「あいつらとは違うんだ」が、また新たなコミュニケーションを生む、、、?






自分の考えが正しいのかはおいといて、考えたことを言語化することが大切ですね、今の時期

ちゃんとしないとな




そのあとはえみと唐揚げ食べ放題&ハイボール飲み放題に行って、楽しい時間を過ごしました
恋愛はやはり互いのタイミング、むずい


化粧品の社割が今日までだったから、ロゼッタの洗顔とちふれのリップを購入
お金あったら余計なものも買ったけど、今はないので我慢です セザンヌの美容液ほしかったなー



生理は5日目 早く終われ




ESヤバイね、また一つインターン落ちたね
自分の才能やいいところなんて分からないよ
不平等な世の中だ






日記、続けられますように